【基礎韓国語】韓国語の「あいうえお」にあたるの母音の発音と書き方はどうなるの?

韓国語で大好きな韓国スターの記事を読んでみたいと方は多いと思います。韓国語は非常に体系的でわかりやすい言語で、しかも日本人にとっては語順が一緒、漢字から由来する言葉が多いなど学びやすいポイントがあります。

それにはまず韓国語の基本の「あいうえお」にあたる母音から習っていくことが大切です。今日は基本の基本、ハングルの母音を詳しく説明しながら、発音や書き方もお教えしますね。

1「ハングル」の仕組み

「ハングル」とは日本語のひらがなにあたります。1つの文字は子音と母音の組み合わせから成り立ちます。

私という単語 【ナ】は下の図のようになっています。

+=
子音母音
n+a=na

韓国語の構成はローマ字と同じです。図を見てもらえればわかりますね。

가(か) だと、どうでしょうか? ㄱ+ㅏ=가 でローマ字になる k+a=ka ですね。

このようにハングルは大まかにいうと「あいうえお」にあたる母音と子音の組み合わせでなりたっているということができるでしょう。

ひらがなだと、文字自体を丸暗記しないといけませんが、韓国語の場合、発音記号さえ覚えてしまえば読むことができるというわけですね。

2韓国語の「あいうえお」にあたる母音

韓国語の「あいうえお」にあたる基本母音は10個あります。日本人には発音がちょっと難しいですが一つずつみていきましょう。縦ラインで同じ読み方と思ってください。

下の表の横一段は基本母音のみ。横二段は基本母音だけでは音にならないのでO(イウン)という子音をプラスしました、O(イウン)は音がないので、母音のみの音が表現されます。三段は日本語で、四段は英語表記です。

ayaeoyeooyouyueui

ではそれぞれのハングルでの発音、読み方を単語と一緒に説明しますね。左から順に、、、

아(a)日本語の「あ」とほぼ同じです。書き方は、縦線を書いてから、横線を書きます。(Oは省略)아이(アイ)子供

야(ya)日本語の「や」とほぼ同じ。書き方は、縦線を書いてから、横線を上から書きます。야구(やぐ)野球

어(eo)「あ」のように口を広げた状態で「お」の発音をする。書き方は、横線を書いてから、縦線を書きます。어머니(オモニ)お母さん

여(yeo)「や」のように口を広げた状態で「よ」と発音をする。書き方は、横線を書いてから、縦線上からを書きます。여기(ヨギ)ここ

오(o)日本語の「お」とほぼ同じ。書き方は、縦線を書いてから、横線を書きます。오빠(オッパ)お兄さん

요(yo)日本語の「よ」とほぼ同じ。書き方は、左から縦線を書いてから、横線を書きます。요리(ヨリ)料理

우(u)日本語の「う」とほぼ同じ。書き方は、横線を書いてから、縦線上からを書きます。우유(ウユ)牛乳

유(yu)日本語の「ゆ」とほぼ同じ。書き方は、横線を書いてから、左から縦線上からを書きます。유리(ユリ)ガラス

으(eu)「う」に近いが、唇を突き出さずに横にひいて「う」と発音する。書き方は、左から横線をひきます。으로(~ウロ)~へ

이(i)日本語の「い」とほぼ同じ。書き方は、左から縦線をひきます。이마(イマ)額

特に難しい発音は 어(eo)여(yeo)으(eu)ですね。

この発音は、日本語にない発音なので注意が必要です。経験者は語るですが、「あいうえお}と一緒で、母音は音の基本なのでしっかり練習した方がいいです!

最初から難しいし、違いがよくわからないので適当に発音をして「ま、いいや~」と先に進んだ結果、後で旦那に「母音の発音からしてこい」と何度も言われましたよ(泣)トホホ。

繰り返し、「あ・や・お・よ・お・よ・う・ゆ・う・い」と口ずさんで練習してみてください。はじめは鏡を見て口の形を確認しながら発音していくといいでしょう。

3まとめ

韓国のあいうえおにあたる母音は理解できたでしょうか?もっと細かく説明することも出来るんですが、はじめから難しいと読むのが嫌になりますよね、なので、できるだけ簡単な表現を使ってみました。

私も韓国語を習い始めたころにに帰ったようで楽しかったですよ~。みなさまの韓国語の学習にお役に立てれば幸いです♥