韓国にはカラスがいないってホント?その理由について考えてみる。

日本に住んでいる皆さんは韓国に旅行に来たら「何でカラスいないの??」って疑問に思ってことがあるんじゃないでしょうか?逆に私は韓国に住んいるので、帰省で日本に帰ったらカラスの多さにびっくりいてしまいます。

日本と近い国なのに不思議ですよね。今日は、韓国にカラスがあまりいない理由について記事を書いてみます。あなたのささいな疑問が解消されますように。。。

1 韓国にはカラスがいないって本当?

これは、本当です!

私は韓国の田舎に住んでいるんですが、ほんとごくま~れにしかカラスを見ることがありません。

それも日本のように大きくて堂々(?)としてるのじゃなくて鳴き声も小さくて小さいカラスでした。

韓国では日本のアニメをよく放送しますが、物語の最後に「かぁ~かぁ~」とカラスが飛んで終わるじゃないですか!韓国で見るとなんと違和感があることか。。。(^^;)

調べてみるとカラスはもともといなかったのではなくて、昔は韓国にもカラスはいたそうです。

では日本のようにたくさんいないのはなぜなのか??

カラスがいない確実な理由は、はっきりと記述がないんですが「これなんじゃ?」という説が何個かあるので紹介していきますね。

食用するため捕りすぎた

これは、、あるかもしれません。。。

韓国では前に野良猫を捕まえて漢方薬の材料とする人がいるようで問題になっていました(愛猫家の方すみません)

犬もしかり、、ですね。

昔カラスは強精剤にされたといいます。

あとは精がつくということでカラスの肉を食用としていたからなんて説もありますね。

実際韓国には「カラスの肉を食べる」(意味はよく忘れるという意味)という慣用句もありますから、あながち嘘ではないかもしれません。

カラスは辛い物が嫌いだから

カラスといえばゴミをあさって、餌を食べるイメージがありますよね。

これは日本のネットでの情報ですが、カラスは辛い物が嫌いなので生ごみが餌になりにくいのでは?という理由もあるようです。

韓国の料理は、とうがらしが入っている料理が多いですから生ごみも辛そうですよね。

韓国では カラス=ゴミをあさる というイメージはないですからねぇ。

そもそもあさるほどカラス自体がいないんです(^^;)

ソウルオリンピックの時に駆除した

韓国でもカラスは不吉な鳥という異名があります。

「カラスが鳴くと人が死ぬ」といわれており、

渡韓間もない時にこれを聞いた私は、日本だったら死にまくりじゃんと思いましたね(笑)韓国はあんまりカラスがいないからですね。

ということで縁起が悪いので、ソウルオリンピックの時に一斉に駆除したという説があります。

これを考えるとソウルの繁華街で全くカラスを見ないのも納得がいくかもしれません。

カササギとの縄張り争いに負けた

韓国ネットで有力なのはこちら。

韓国ではカラスの代わりに多いのがカッチといわれる鳥です、韓国の国鳥です。

日本でいうカササギなんですが、カラスよりも一回り小さく黒い羽根に白い毛が混じっているのが特徴です。

カッチはカラスとは違ってよいイメージがあり、カッチが泣けば幸福が家に舞い込むとも言われています。

電線に尾っぽを上下に揺らしてとまっているのが可愛くて愛らしいやつなんです^^

とても頭がいい鳥らしく、下の動画を見てもらうと分かると思うんですが、鏡に映った自分の姿が認識できるんだそう。(鳥類ではカッチだけだそう!)

この頭のいいカッチに縄張り争いで敗れたのではないかといわれています。

もともとカッチが多かった韓国では、カラスが縄張りに入ってきたら群れで追い出された可能性がありますね~!

でもこのカッチも韓国では増えすぎて害鳥になってきているという話があります。

カッチはもともと高いところに巣を作りますが、都会では電柱などの上に巣を作ってしまい送電障害などの問題が起こってきているそうです。

ただゴミ袋は狙わないのでカラスよりは、ましかなあ。。。

2 韓国でカラスを見たいなら

って別にみたくないと思いますが(笑)

韓国のカラスたちが全部ここに集まっているんじゃないの?という地域があります。

プサンの上の方にある工業地帯で有名な蔚山(ウルサン)です。

蔚山には冬になるとカラスたちが集まってきてこのように群れをなす姿がみられるようです。

この動画のタイトルが「死ぬ前に行かなければならない旅行地」ですから、、カラスを見にってことですよね?

ところ変わればカラスの扱いもかわるものですね(笑)

3 まとめ

韓国にカラスがいない理由ということで、記事を書いてみました。

韓国人の友達に何で日本はあんなにカラスが街中に多いの?とよく聞かれるので、私は韓国にカラスがいない方が不思議だよ!と返していました。記事を書きながらスッキリしましたね~。

どれも説なので実際のところ確実にこれだとは言えないんですが、やはりカッチとの縄張り争いに負けたというのが有力かもしれませんね。

今度韓国に来たら、あのにっくきカラスを追い出したといわれるカッチを探してみて下さいね^^